トップページ >  加工工程

加工工程

材料選定:加工実績のある材料(例)

弊社では、銅コイル材用、銅直管用、鉄・ステンレス用、アルミ用計11台の切断機と2台のメタルソー目立て機で、お客様ご要望の素材にお応えする体制をとっています。切断材料は概ねΦ40以下の対応となります。また、これまで種々の材料を取り扱って参りましたので、お客様にとってコストメリットを出せる材料提案が可能です。是非用途等ご相談ください。

種類 材料 サイズ(Φ×t)
銅管 ・C1220T(りん脱酸銅管)
・O、OL
・1/2H
・H 他(銅合金)
Φ4.0×0.5 ~ Φ38.1×1.5
・SIKM11A/12A/12B/13A
・OST
・二重巻鋼管
・カッパー 他
Φ4.0×0.5 ~ Φ20.0×1.0
ステンレス ・SUS304 Φ14.0×1.0~Φ25.4×1.0
アルミ ・3003(Al-Mn系)
・6063(Al-Mg-Si系)
・7072(Al-Zn-Mn系) 他
Φ6.0×0.8 ~ Φ30.0×1.0

切断

自動コイル切断機(銅用)2台や自動直管切断機(銅用2台、鉄用3台、アルミ用1台)を初めとした、各種切断機を用いて様々な銅・鉄・ステンレス・アルミの切断加工を行なっています。

設備一覧はこちら

切断

面取り・バリ取り

ワイヤーブラシによるバフ面取りが主流になりますが、一部の材料でC面取りを実施しています。
なお、材料により、タンブリング、バレル機によるバリ取りも行います。

設備一覧はこちら

面取り・バリ取り

洗浄

2台の超音波自動洗浄機と2台の部品洗浄機で素材に合わせた洗浄を行ってます。
洗浄液は高機能炭化水素系洗浄剤のNSクリーン100/200です。 仕上がりの良い洗浄を心がける一方で、洗浄レスをお客様とともに取組んでいます。

設備一覧はこちら

洗浄

端末加工

プレス式端末加工機、回転偏芯式端末加工機、並びにスピニング加工機により以下のような端末加工を行います。他の形状についてもご依頼ください。

設備一覧はこちら加工例はこちら

端末加工

曲げ加工

パイプ曲げについては、機械及びJIGによる手曲げを行っています。通常の曲げ加工では、形状により曲げ後に切断加工が必要な場合がありますが、弊社では独自の工夫により、後切断を廃止した加工を実施しています。これにより、材料費・加工費の削減を可能としています。
また、一部の製品では、当社独自の工法により曲げRが材料の直径より小さな1D曲げを実施しています。

設備一覧はこちら加工例はこちら

曲げ加工

溶接加工

パイプと他の部品の溶接、パイプ内への網入れ、穴開け、その他付帯部品の製造等お客様のご要望に対し、自社及びパートナーの各社と連携しお応えします。

設備一覧はこちら加工例はこちら

溶接加工


環境保護活動

ISO9001 :2008、ISO14001:2004認証登録しています ISO9001:2008、ISO14001:2004
認証登録しています

海外関連企業
海外関連企業
SURUGA TECHNO (M) SDN.BHD.
(マレーシア工場)